新潟で美味しいもの新発見!

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

こんにちは!アグリクインテット、主婦の八幡です。

※アグリクインテットは、アグリトリオのサービスを一緒に創っているクリエイター集団です

梅雨ですね~。こちら新潟は6月8日頃に梅雨入りでした。

蒸し暑くて、洗濯物が乾きにくい、憂鬱な季節でもありますが、先日、雨上がりに見たアジサイが美しくて、思わず見とれました!

アジサイ.jpg

さて、今回は、「新発見した美味しいもの」をご紹介したいと思います。

新潟に引っ越してきて3か月。今まで住んだことのない地域だからか、食文化も面白くて、発見がいろいろあるんです!

もともと食いしん坊なので、美味しくて身体に良いものが大好きなのですが(笑)

家族みんなで好きになったのが、「打ち豆」です。

打ち豆袋.jpg

打ち豆アップ.jpg

面白い形してますよね?

蒸した大豆を木槌などでつぶして、乾燥させたもので、日本海側の豪雪地帯で昔から食べられている保存食とのこと。

私は、スーパーで見かけたのが最初で、使ってみたいけど、どうやって食べるんだろうと思っていたところ、

子供の学校給食の献立表にも載っているのを見つけ、ますます気になり、購入しました。

(写真にある国産青大豆のものは、1袋70g入りで188円でした。)


袋にも記載されていますが、まずは味噌汁を作ってみました!

事前に水で戻したりする必要もなく、下準備はさっと洗うだけ!

他の具材と一緒に煮込めば良いだけ!何て簡単なんだろう!!そして、美味しいだしも出るんですよ~!!!

興味をもたれた方はぜひお試しください♪


我が家では、この打ち豆と丸なす(実がきめ細やかなのに荷崩れせず、美味しい☆)を合わせた

味噌汁がすっかり定番になりました。写真は「岩船麩」という、これまた地元のお麩も入れています。

主人も子供も「おいしい~」としみじみ言いながら食べてくれます。

打ち豆味噌汁.jpg

新潟では、昔は打ち豆を家庭で手づくりしていたらしいです。

お米を作るかたわら、田んぼの畦で大豆を栽培することが多かったようで、

収穫した大豆をいったん蒸してつぶして保存するので、料理に使う時に戻したりする必要も無く、

簡単に使えるということです。知恵ですね~!

やはり食べものには、その土地独特の背景があるんだなと興味深く思いました!

今まで全く知らなかった美味しいものに出会うって嬉しいものですね!

これからも探索していきたいと思います!



農作業に興味のある方、まずは無料登録!

https://agritrio.co.jp/nouhow/