新潟でおいしいもの新発見!その3 ~からいすけ~

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

こんにちは。アグリクインテットの八幡です。

今回はまた、新潟で新発見したおいしいものをご紹介したいと思います。

その名も「からいすけ」

第一印象で、何だかかわいい名前!と思ったのは私だけでしょうか?

15713637436210.jpg

これは65g入りのものですが、小さな瓶に入っています。

形もかわいい!

中身は濃い緑色をしています。一体何??

ラベルの「からいすけ」の文字の横には小さな文字で「かぐら南蛮」「味噌」と書かれています。

かぐら南蛮?そして味噌なの?緑色だけど?といくつか?が続きました。

そういう時、役に立つのが売り場のポップですよね!


「からいすけ」が陳列されている所のポップを見ると、からいすけとは、

新潟の方言で「辛いから気をつけなさいよ」という意味とのこと。

そして、かぐら南蛮とは、中越地方の越後湯沢の山間部で採れる伝統野菜とのこと。

それに自家製の味噌を合わせたものだとわかりました。

白いご飯に乗せたり、薬味として、野菜スティックのディップに使っても良いらしい♪


後で調べると、こんな野菜でした。↓

15713645647561.jpg

形はピーマンのような、味はしし唐に近いイメージでしょうか。

大きな瓶(135gで874円)のものもありましたが、

辛さに警戒する気持ちが(・_・;)あったのと、瓶もかわいいので小さい方(65gで514円)、

そして赤いからいすけと緑のからいすけがありましたが、

緑の方が辛味がまろやかとのことで緑の方を買ってみました。


自宅に帰り、早速白いご飯に乗せて食べてみたところ、

今まで食べたことのないような旨み+爽やかな辛味にびっくりしました!!!

美味しい!!!

その後、おにぎりの具にしたり、マヨネーズと混ぜてスティックきゅうりにディップしたり

して食べましたが、どれもこれも美味しくて、主人とも、すっかりからいすけファンになりました!


後で調べてわかりましたが、このかぐら南蛮は、食べてすぐに辛さを感じる唐辛子とは違い、

「かぐら南蛮の素材の旨みを感じた後にまろやかで上品な辛味が訪れる」とのこと。

ほんと、その通りだと思いました。

特製のこだわり味噌の貢献はもちろんなのでしょうが、辛さだけじゃなくて旨みを感じる味でした。

世の中には今まで知らなかった美味しいものがまだまだあるもんだ!と思った一品でした。