すごいのは農業だけじゃない!伝統的工芸品「豊橋筆」

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

こんにちは。アグリクインテット主婦の鈴木です。

すっかり秋ですね。日も短くなり夕方暗くなるのもだんだん早くなってきました。

朝晩は少し寒いですが、日中はとても過ごしやすく外を歩くのも気持ちがいいですよね。

我が家はココニコが大好きなのでよく遊びに行きますが、今みたいに過ごしやすい気候だと駅から散歩がてら歩いて行っても苦痛じゃなく、ますます遊びに回数が増えています。

そして子供たちとココニコで遊ぶ中でまた発見しました、豊橋の伝統工芸品「豊橋筆」です!

「豊橋筆 書道セット」

linecamer (3).jpg

linecamer (1).jpg

まちなか空間の中で借りて実際に書いてみることができます!

ところでまずみなさん「豊橋筆」についてはご存知でしょうか?

恥ずかしながら、私は豊橋に住むまで知らず、以前このココニコの展示で紹介されていたのを見て知りました。

豊橋筆の起源は1804年にさかのぼります。

豊橋地方は北部に山岳地帯をひかえ、いたちや狸、狐、のうさぎなどが多く生息し、原料となる毛が容易に入手できたことにより副業として成り立ち、昔の方々の才能や努力により有名になり地場産業として定着したということです。 

現在では広島県熊野町についで全国2位の生産本数を誇り、特に高級品の分野では生産数・金額とも他産地を大きく引き離し7割は豊橋で生産されているそうです!

農業でも生産日本一が沢山ある豊橋、筆もなんてすごい!誇らしい伝統工芸品ですね!

さて、話は元に戻り、ココニコ「豊橋筆書道セット」を実際使って子供に書いてもらいました。

linecamer.jpglinecamer (5).jpg

水で書いて、乾くとまた書けるので、何度も繰り返し書く事ができます。

子供いわく、「いつも学校で使っている筆よりなめらかで書きやすい!」。

すみません、ちょっと書き味の参考にはなりませんが...。

特徴として、豊橋筆は墨に馴染みやすいのですべるようだと絶賛されているようです!

習字って大人になるとなかなかやる機会がありませんよね。

でもこうやって習字の体験、しかも豊橋の伝統的工芸品「豊橋筆」で書道体験ができるってとても貴重!

またひとつ、豊橋のすごさを子供たちと一緒に学び発見しました!皆さんもぜひ!