色によって違うの?!トマトの栄養素

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

こんにちは!
クインテットの安田です。

この夏、畑をやっている親戚から、我が家にたくさんの野菜が届きました!
CD48E7CB-892C-4EB7-8A05-4BB3F2BA737E.jpeg

食卓にもお弁当にも重宝する色鮮やかなミニトマト、
旬は夏ですが、通年市場でも販売されいつでもおいしく頂けますよね◎


自宅で育てている方も多いのでしょうか(*´-`)

栄養たっぷりで、
2歳の娘もパクパク食べてくれるので
我が家に欠かせない食材のひとつです。

でもいつも私がスーパーで購入するのは、赤いミニトマトばかり...。

8DCF3841-E84B-4F47-AD17-631DD7C48258.jpeg

頂き物のミニトマトを夕飯に出したところ、
娘は黄色いミニトマトを好んで食べていました。

BEDC3A1A-839F-409D-9A64-CC9E5CDAC728.jpeg

今まで色の違いについてあまり気にしてこなかった私は不思議に思い、何が違うのかをちょっと調べてみたので、みなさんにもお伝えしたいと思います!

常識でしたらすみません!笑

同じように知らない方、
是非最後までお付き合いください~♪


まずミニトマトの種類は50種類以上あるそうで、その多さにびっくり!!

色の違いだけでは分類できないものもあると思いますが、一般的にはこんな違いが...↓


●定番の「赤」
赤いトマトに多く含まれる「リコピン」。
抗酸化作用が高く、生活習慣病の予防や美容効果に期待できる◎

●定番になりつつある「黄色」
「赤」よりもさらに甘味が強い。
ポリフェノールの一種「ルチン」が含まれており、
毛細血管を強化する作用があるため、血液の流れをスムーズにする効果が期待できる◎


●オレンジ
甘味たっぷりで高濃度。
ニンジンやカボチャに含まれる「βカロテン」が豊富で、体の免疫力アップ◎

●緑
未熟なミニトマトに見えるが完熟した緑のミニトマトに含まれる「クロロフィル」。
消臭・殺菌効果やデトックス効果が期待できる◎


......とそれぞれの色に体に嬉しい効果があることが分かりました!

まだまだ色んな色や種類、形のミニトマトがあり
調べれば調べるほど奥が深い...!

これからは定番の赤だけでなく、色んな色、色んな種類のミニトマトを食べ比べてみたいと思います!

最後までお付き合い頂きありがとうございました♪


トラックバック(0)

トラックバックURL: https://agritrio.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/159