蔵王の雪

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

こんにちは!アグリクインテット、新潟在住の八幡です。

以前のブログに書かせていただいたのですが、新潟はこの冬、
例年以上の雪が降り、関西出身の私が人生初!の雪かきを
するなど、"雪国の生活"を体験しました。

ただ、同じ雪国でも、東北地方に行くとまた違う雪に出会えます。
今回はお隣の山形に行った際のことを少しご紹介したいと思います。

私たちが訪れたのは、蔵王です。
*蔵王は宮城県と山形県の県境にあります。
蔵王と言えば樹氷が有名で、国内外から人気の観光地ですよね!

私ももちろんその存在は知っていましたが、実際に見たのは初めてで
その迫力に圧倒されました!!
アイスモンスター.jpg
こんな風に、吹き付けられる風により雪や氷で樹木が
覆われているんです!その名も"スノーモンスター"

雪原を歩いていくと、こんな状態の樹木も!
エビの尻尾.jpg
わかりますかね?枝に羽毛のように(!?)雪が張り付いています。
("エビの尻尾"という呼び名もあるようです。)
しかも、一定方向に。どうやら風上上に張り付いています。
こんな状態で雪が凍り付くとは!!

これらの写真の樹氷は、氷点下5度以下の環境でないと発生しないそうで。
しかも、風も強く、吹き曝しの状態なんだろうと思います。

そして、こちらは蔵王ライザスキー場で見た霧氷
霧氷.jpg
枝に白い花が咲いたように見えて、とてもきれいです!

そしてまた、こちらが驚き!の一枚。
フロントガラスの雪の結晶.jpg
これは、車のフロントガラスについた雪(氷?)です。
この日の朝の気温は氷点下でしたが、こんな風に結晶が見えるなんて!!
早くしないと日の光で溶けてしまう~!と慌てて写真を撮りました(笑)

新潟とは違い、気温が氷点下になるほど低く、標高も高い為、
このような色々な雪の姿を見ることができるんですね。

雪と一口に言っても、色んな環境により、その姿を変えることを
自分の目で見て知ったこの冬。
知れば知るほどその魅力にはまりそうです(笑)


トラックバック(0)

トラックバックURL: https://agritrio.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/241