~梅日和~

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

こんにちは。いつもご覧いただきありがとうございます☆アグリインテッドの廣西です☆

さてさて5月後半から6月にかけて梅仕事に追われている私です。青梅から始まり、木熟させた完熟の梅は香りがよく、キッチンを梅のいい香りで埋め尽くしてくれるのがこの時期の私の年間行事になっています。

梅2021-2.jpg

梅もいろいろ種類がありますが、毎年のように、小梅と梅(2L~3L)サイズで合計10キロ以上を夜な夜な仕込んでます。

そんな、梅ですが、昔はよく『梅は3毒を断つ』を言われ、水毒・血毒・食毒の三つのことを言い、風邪の予防や、時には酔い止めに使ってみたり、夏バテ防止やお弁当の抗菌作用に使ったりなどしていました。

梅2021-5.jpg

梅があると医者いらずなんて言葉もあったくらい。

そんな梅ですが、梅干しって聞くだけでつばがでてきませんか???

この唾液を出すことで、口の中を潤し、消化を助けてくれたり、口腔内の環境を良くしてくれます。唾液のよく出た状態で、ごはんをいただくことができれば、これからの夏も胃の負担を減らしてくれたりするので、一家に少しの梅干し(昔ながらのしょっぱい常温でおける梅干し)はとても重宝するのではないかな~と思いながら作る私です。

娘もしっかり毎年手伝ってくれます☆

今年もこんな季節きたね~と、言いながら(笑)一緒にできる梅仕事は、私にとってもいい時間です。

梅2021-6.jpg

実は、アルカリ性の梅。

酸性に傾きがちな人にはとてもいいチャージ食材。程よい塩分、鉄分補給、カリウムやリン・カルシウムなどなど含むため、畑仕事の合間に、梅のおむすびは最高なはず♪♪

ぜひ、梅の持つ素敵な効果を楽しんでみてください。


トラックバック(0)

トラックバックURL: https://agritrio.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/269