福来老をもとめに

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

いつもご覧いただきありがとうございます。アグリインテッドの廣西です。

今回は、時間があったので以前よく行っていた掛川花鳥園に久しぶりに行くことができました。

その中でもフクロウが好きな私。昔はよく、ムツゴロウ王国の中で出てくる自然のフクロウの映像をみたりしてはいつか会いたいと思ったものです。なんでフクロウを好きになったのかという理由が、西洋では森の賢者とされていたこと、そして日本では、『福籠』『不苦労』『福来老』『福路』なんてとてもいい意味で漢字をあてていたりしているのをみて好きになったという。。

いろんな昔からある物語でもふくろうは聖鳥とされているのもとても魅力的だったからという理由です。

日本では「見通しがいい」ともいい縁起がいい鳥ともされているのですが、実はフクロウは視力は人よりも8~10倍程度よく、そして左右非対称の顔(目や耳の位置が若干違う)ことで音の位置を把握しやすいなどと言われている反面、視野は人間よりも狭いんです。ただ、視野が狭い代わりに、頭を背後までくるっと回せるとても柔らかい首を持っている面白い鳥なんですよね。

生体としても面白いフクロウを見に花鳥園に出向くと、手にのせることができたので、体験してきました。昔は飼いたいとおもったな~とふと思い出し、悩んだ挙句、飼うことを断念した私。

理由が場所と食べ物と環境問題。。。

自然にかなうものはないな~と10代にして思ってしまったことを思い出した花鳥園でした。

身近にとりを感じることができる花鳥園、ぜひ機会があればいってみてください♪


トラックバック(0)

トラックバックURL: https://agritrio.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/312