山で採れる塩!?会津の山塩~続編~

こんにちは!アグリクインテット新潟在住の八幡です。
以前のブログの続編を書かせていただきます。

会津の山塩の製造工程の②薪で温泉水を煮詰める工程
の次の段階のお話になります!

③塩取り
温泉水を煮詰めていくと、やがて結晶となり沈殿する生塩を
丁寧に網ですくい上げます。
工場長のお話によると、高温の環境下での地道な作業になる為、
特に大変な工程だということでした。

④乾燥
生塩を脱水機にかけ、残された余分な水分を自然乾燥する。

⑤品質検査
煤(薪で煮詰めることによるのだと思います)などの
不純物を目視検査をして取り除く。
山塩目視検査.jpg
検査員の方は、レンゲのようなスプーンで塩を混ぜながら、
丁寧に検査されていました。

そうしてようやく商品が完成!!となります。
100リットルの温泉水からたった1キロしか取れない
とても貴重なお塩です。

山塩そのものを購入したかったのですが、
ちょうど完売しているということで、断念(涙)

今回購入できた商品が、こちら↓
山塩ゆず飴パッケージ.jpg

中身は、こんな風に個包装になっています。
山塩ゆず飴.jpg
クリスタルのようにキラキラと光って見えました!
そして肝心のお味ですが、とっても上品!
まず塩味が本当にマイルドで優しく、ほんのり柚子の香りがして
その美味しさに驚きました。
今年の酷暑にはピッタリのお買い物ができました!

そしてもう一つ、この山塩をスープに使った山塩ラーメンを
近くの道の駅で食べることができました。
これまた美味しかったです!
山塩ラーメン.jpg
海水からできる塩とはまた違っ味わいで、
とてもマイルドな塩味が病みつきになりそうな感じです!
ブラックペッパーとのコンビネーションも最高でした。

大切に手作りされている貴重な山塩、
素材の味わいを引き出してくれるということで、
調理のプロ達が使っているそうです。

皆さんももし出会う機会があれば、
是非この山塩の美味しさを体験していただきたいです!